妊娠線の原因と対策<知ってると得!>

妊娠線が出来る原因をご存知ですか?
出来てしまうと厄介なものですが、事前に防ぐことが出来るなら、
防げるにこしたことはないですよね。

 

今回は、妊娠線の"原因"と"予防"についてみていきましょう。

 

妊娠線が出来る原因は?

 

妊娠線が出来てしまう原因として一般的なのが、

 

  • 急激な体重の増加

 

ですね。急激にバストが大きくなってしまったり、お腹が豊かになってしまうと、
皮下脂肪の伸びが追いつかなくなってしまうんですね。

 

その結果、"断裂"がおこってしまいます。

 

 

また、妊娠中には"ステロイドホルモン"というものの分泌が増えます。
ステロイドホルモンの作用によって、肌のターンオーバーなどを抑えてしまいます。

 

 

そうなると、肌が元気に生まれ変わることが困難になって、
妊娠線の「断裂」が起こりやすくなってしまうんですね。

 

 

続いて、妊娠線の"予防策"についてみていきましょう。

 

妊娠線を予防するためには・・

妊娠線を予防するには、2つの事を行なう必要があります。

 

1、体重のコントロール
2、肌に潤いを与えてあげる

 

体重のコントロールにおいては、急激に太ることによる断裂のリスクを回避するために行います。

 

最近では、ウォーキング・ヨガなやエアロビクスなど、妊娠中でも推奨されている運動があります。

 

赤ちゃんがお腹にいるので、さすがに激しい運動は避けるべきですが、
体重コントロールのために体を動かすことも大切です。

 

 

また、より一層規則正しい生活を心がけ、急激な体重増加を防ぎましょう。

 

『肌に潤いを与える』という点では、妊娠専用のケアクリームオイルなどが販売されています。

 

妊娠線が出やすいとされている"お腹"や"バスト"などはしっかりと保湿を行なってあげて、
妊娠線が出来づらい肌にしていく必要があります。

 

 

上記の2点のことをきちんと行い、事前に予防対策をしましょう。

 

 

しかし中には、

 

「予防していたつもりが妊娠線が出来てしまった・・」

 

という方もおられるかと思います。
そんな方は、下記に"アフターケア"のクリームを紹介しているので、
覗いてみてくださいね^^

 

>>ノコアの安い販売店は?購入TOPへ戻る